ニュース&トピックス

TOYOTA、シエンタをマイナーチェンジ

今回のマイナーチェンジでは、フロントグリル等の意匠変更を行い、Fun & Activeな外観デザインを進化させました。また、従来の3列シート車(6人または7人乗り)に加えて、アウトドアや車中泊に最適な、2列シート車(5人乗り)「FUNBASE X」「FUNBASE G」を新設定しました。安全機能については、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)を設定したほか、ハイブリッド車は28.8km/Lの低燃費を実現し、平成32年度燃費基準+50%を達成しています。

20180911_01_02_s
詳細はこちらへ ↓
《SIENTA》

 

 

TOYOTA、アクアの特別仕様車を発売

今回の特別仕様車は、「Crossover」をベースに、内装は、ブラウンとブラックを基調とし、上質で落ち着いた印象とするとともに、外板色には、特別設定色オリーブマイカメタリックを含む5色を設定しました。
また、好評いただいているスマートエントリーパッケージや安全装備のインテリジェントクリアランスソナーを特別装備し、より魅力的な仕様としています。
aqua_20180904

 

 

 

 

 

 

 

詳細はこちらへ ↓
《aqua》

 

岡山トヨタ 水島店 店舗建て替えに伴う仮店舗営業のご案内

お客様各位

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

さて、私ども岡山トヨタ水島店はこの度、店舗建て替え工事を行うこととなり、近く着工の運びとなりました。

平成30年9月28日(金)をもちまして現店舗を一時閉鎖し、10月1日(月)より下記ご案内の弊社倉敷店内にて仮店舗営業をいたしますのでご案内申し上げます。

なお、車検や点検等のご用命につきましては、仮店舗(倉敷店)にて対応させていただきます。
ご入庫につきましては、引き続き担当スタッフよりご案内させていただきますので、ご安心ください。

平成31年春頃予定の新店舗リニューアルオープンまでは、大変ご不便をおかけいたしますが、引き続きご愛顧を賜ります様、よろしくお願い申し上げます。

平成30年8月吉日

岡山トヨタ自動車株式会社

水島店 店長 片岡 正彦

mizushima_annai

 
renew 岡山トヨタ水島店文字修正

TOYOTA、86に「GR SPORT」を新設定

今回新設定の「GR SPORT」は、2017年秋に発表したスポーツカーシリーズ「GR」のエントリーモデルです。
スポーツカーシリーズ「GR」は、エンジン内部にもチューニングを施した数量限定販売の「GRMN」を頂点に、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデルの「GR」、気軽にスポーツドライブを楽しめる「GR SPORT」、カスタマイズを楽しめるアフターパーツ「GR PARTS」で構成されています。
86においては、2016年2月に100台限定で86 GRMNを販売。2017年秋には86GRの販売を開始しています。そして、今回新たに「GR SPORT」を新設定するとともに、86GRの専用パーツから好みのパーツを選んで86を自分仕様のスポーツモデルへとカスタマイズできる「GR PARTS」の販売を開始しました。

20180702_03_01_s

 

 

 

 

 

詳細はこちらへ ↓
《86GR》

TOYOTA、クラウンをフルモデルチェンジ

今回15代目となる新型クラウンは、車載通信機DCMを全車に標準搭載した初代コネクティッドカーとして誕生しました。24時間365日、お客様のクルマとつながることで、人とクルマ、そして社会との全く新しい関係が始まります。例えば、リアルタイムの走行データに基づくメンテナンスのご案内など「安全・安心」や、「快適・便利」なサービスを、お客様にとって最適なタイミングでお届けしていきます。

さらに、スタイルや走る・曲がる・止まるといった車両性能も、TNGAに基づき磨き上げ、大きく進化させました。特に走りについては、最も過酷と称されるドイツのサーキット、ニュルブルクリンクで走行テストを実施。意のままに操ることのできるハンドリング性能に加え、低速域から高速域、スムーズな路面から荒れた路面など、あらゆる状況において目線のぶれない走行安定性を実現しました。
crown

詳細はこちらへ ↓
《CROWN》

TOYOTA、センチュリーを21年ぶりにフルモデルチェンジ

センチュリーは1967年、トヨタグループの創始者である豊田佐吉の生誕100年を記念して発売しました。
以来50年にわたり「日本を代表するショーファーカー」として、各界のエグゼクティブにご愛用いただいております。

21年ぶりのフルモデルチェンジとなる三代目センチュリーは「継承と進化」を開発テーマとしました。
「匠の技」と「高品質のモノづくり」を継承しつつ、ハイブリッド化による高い環境性能と、新しい魅力を付与した内外装デザイン、ショーファーカーとしてふさわしい先進・快適装備を付与。乗り心地、静粛性、走行安定性を一段と向上させています。
century
詳細はこちらへ ↓
《CENTURY》

 

岡山トヨタ「未来のクルマ」川柳とアート大募集!

senryu2018_33

昨年に引き続き「未来のクルマ」川柳を大募集!
加えて「未来のクルマ」アートも大募集致します。

詳しくは店頭チラシまたは店舗スタッフまで
よろしくお願い致します。

 

TOYOTA、CーHRを一部改良

今回の一部改良では、1.2Lターボ車に、新たに2WD車を追加設定しました。
chr20180507

詳細はこちらへ ↓

《新車情報-C-HR》

 

TOYOTA、アクアに歩行者も検知する「Toyota Safety Sense」を採用

今回の一部改良では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」において、昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)」を採用しました。aqua08_1

詳細はこちらへ ↓

《新車情報-アクア》

岡山県交通遺児就学援助資金への寄付金贈呈について

昨年12月におかやま未来ホールにて開催した

「岡山トヨタファミリーチャリティコンサート」の

 入場料収益およびコンベックス岡山にて開催した
WONDERFUL SMILE 岡山トヨタ」での物品販売の

収益全額を含む金100万円を2月23日に岡山県庁にて

梶谷社長より伊原木岡山県知事に贈呈いたしました。

コンサートおよびイベントにご来場いただいた皆様
ご参加いただいた団体の皆様におかれましては多大な
ご協力をいただきありがとうございました

今後も岡山トヨタはこのようなコンサート・イベントを

開催してまいりますので、よろしくお願いいたします。

HP用2

HP用1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • プライバシーポリシー
  • CSR基本方針
  • 地域貢献活動
  • お問い合わせ

このページのトップへ