ニュース&トピックス

TOYOTA、C-HRにツートーンのボディーカラーを設定

TOYOTAは、C-HRにツートーンのボディーカラーを設定し8月2日に
発売しました。

chr_20170803

詳しくはこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓

《車両情報-C-HR》

TOYOTA、シエンタの特別仕様車を発売

今回の特別仕様車は、「G」グレードをベースに、シート表皮に、合成皮革と
上級ファブリックを組み合わせ、上質感を高めるとともに、シート、シフトノブ、
ステアリングホイールの随所にオレンジのステッチを施し、おしゃれな室内空間を
演出しています。

001

詳しくはこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓

《特別仕様車情報-Sienta》

TOYOTA、ランドクルーザーを一部改良

今回の一部改良では、オート格納機能が追加されたサイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラーや、乗降時にステアリングが自動的にスライドしスムーズな乗降をサポートするパワーイージーアクセスシステム(運転席)を採用し、ランドクルーザーシリーズの頂点に立つクルマとして、高級感を高めました。また、トレーラーなどを牽引するトレーラーヒッチを装着するためのヒッチメンバーを全車にオプション設定しました。そのほか、内装色には新たにニュートラルベージュを採用し、スマートキーはランドクルーザーのロゴを入れたデザインに変更しています。


詳しくはこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓

《新車情報-Land Cruiser》

岡山トヨタ季刊誌 新刊が出ました!

岡山トヨタ季刊誌「コミュニケーションマガジン」の新刊が出ました。

67-07sum

 

 

 ← 是非ご覧ください。

TOYOTA、エスクァイアをマイナーチェンジ

今回のマイナーチェンジでは、個性をより際立たせたエクステリアへと意匠変更しました。
Bi-Beam LEDヘッドランプと面発光のLEDクリアランスランプの採用や、フロントグリルと
リヤコンビネーションランプの意匠変更などにより、高級感をより高めた堂々としたスタイルへと
進化しました。また、センターコンソールボックスや助手席シートバックテーブル、充電用USB端子
など使い勝手の良い室内装備を充実。さらに、スライドドアにシールを追加し遮音性を向上したほか、
ボディ剛性の見直しやショックアブソーバーの改良により静粛性や乗り心地を向上させるなど、商品の
魅力を一段と高めました。

esquire201707
つづきはこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓

《新車情報-ESQUIRE》

TOYOTA、アクアをマイナーチェンジ

今回のマイナーチェンジでは、外観の意匠を大幅変更しました。アクアのデザインの特徴である「親しみやすさ」「軽快さ」はそのままに、より先進的で洗練されたデザインとしました。
フロントは伸びやかなデザインとしたヘッドランプをはじめフードやフェンダー、バンパーなどの意匠を変更することで、さらに洗練されたイメージを付与。リヤは、コンビネーションランプ内の意匠を変更するとともにリヤリフレクターをバンパー下部に新たに配置し、より安定感あるスタイルとしました。
aqua20170619
つづきはこちら↓↓↓

《新車情報-AQUA》

倉敷店/U-Car倉敷 リニューアルオープンのご案内

お客様各位

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

倉敷店/U-Car倉敷建替工事中は、仮店舗にてお客様に大変ご不便をお掛けいたしましたがこの度、リニューアルオープンする運びとなりました。5月28日(日)をもちまして仮店舗(旧玉島店)を閉鎖し、6月1日(木)より新店舗にて営業をいたします。(6月1日㊍は式典開催のため13時よりオープンいたします)新しい倉敷店/U-Car倉敷は岡山トヨタの「フラッグシップ店」として、ゆったりおくつろぎいただけるラウンジ、地域の皆様にご利用いただけるコミュニケーションルーム、またサービス工場には最新機器を備えより良くご安心いただける店舗として生まれ変わりました。これもひとえに昭和43年12月に倉敷営業所として開設以来、倉敷の地で永きにわたってのご支援ご厚情の賜物と深く感謝しております。今後とも一層のご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

平成29年5月吉日
岡山トヨタ自動車株式会社
倉敷店/U-Car倉敷 店長三ツ 孝世

倉敷店リニューアルオープンイメージ地図

「アリオン」をマイナーチェンジ

トヨタはアリオンをマイナーチェンジし、6月13日に発売しました。

 今回のマイナーチェンジでは、高級感とスポーティなイメージを付与した大幅な意匠変更に加え、安全装備を充実させました。
アリオンは、1957年にトヨペット・コロナとして誕生し、その後、カリーナへと時代に沿って進化してきました。フォーマルにもカジュアルなシーンでも使え、また、取り回しの良い5ナンバーサイズや上質で落ち着いたデザインなど、あらゆる面でバランスのとれた日本の正統派セダンです。

alon1606_05_W374_H250
つづきはこちら↓↓↓

《新車情報-アリオン》

 

「エスティマ・エスティマハイブリッド」をマイナーチェンジ

トヨタはエスティマ、エスティマハイブリッドをマイナーチェンジし、6月6日に発売しました。

 今回のマイナーチェンジでは、ミニバン市場における独自のポジションをより強固にすべく、フードやグリル、フェンダーを中心に一新したフロントビューに加え、より美しく伸びやかなサイドビューを実現するなど、独自の存在感を強調した外形デザインを追求。
また、外板色にはミニバン初(2016年6月現在。トヨタ自動車(株)調べ)となるツートーン仕様を設定したほか、内装には新たにブランノーブ(ブランノーブは、ヌバック調シート表皮を指し、TBカワシマ(株)の登録商標)やサテン調加飾を採用するなど、シンプルかつモダンな室内空間を演出しています。
さらに、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」の標準装備、サスペンションのチューニング最適化をはじめとする走りの質感向上など、大幅な改良を実施しています。

001
つづきはこちら↓↓↓

《新車情報-エスティマ》

 

ハイブリッド専用車プリウスαの特別仕様車を発売

トヨタは「プリウスα」に特別仕様車 S“tune BLACKⅡ”を設定し、5月13日に発売

  今回の特別仕様車は、「S」をベースに、黒を基調とした内外装デザインとしました。
具体的には、内装では、ステアリングスイッチベースやコンソールスイッチプレートなど随所にラメ入りピアノブラック塗装を施し、上質な印象を一層高めたほか、ステアリングホイールやシート表皮などにアクセントとしてホワイトステッチを施すなど、スタイリッシュな印象を付与。
また、外装では、ブラックエクステンション加飾を施したプロジェクター式ハロゲンヘッドランプやクローム調アルミホイールキャップなどを特別装備しました。さらに、快適温熱シート(運転席・助手席)やスーパーUV・IRカットグリーンガラス(フロントドア/撥水機能付)を設定するなど、魅力的な仕様としています。
なお、外板色には、特別設定色ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(オプション)を含む全4色を設定しました。
また、ベース車において、プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー方式)などの安全装備をセットにしたオプション(オートマチックハイビーム、レーンディパーチャーアラート、プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー方式)、レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)はセットオプション)を、「S」、S”ツーリングセレクション”に設定拡大し、より安全性に配慮しています。

priusalpha
つづきはこちら↓↓↓

《新車情報-プリウスα》

 

  • プライバシーポリシー
  • CSR基本方針
  • お問い合わせ

このページのトップへ