ニュース&トピックス

TOYOTA、クラウンをフルモデルチェンジ

今回15代目となる新型クラウンは、車載通信機DCMを全車に標準搭載した初代コネクティッドカーとして誕生しました。24時間365日、お客様のクルマとつながることで、人とクルマ、そして社会との全く新しい関係が始まります。例えば、リアルタイムの走行データに基づくメンテナンスのご案内など「安全・安心」や、「快適・便利」なサービスを、お客様にとって最適なタイミングでお届けしていきます。

さらに、スタイルや走る・曲がる・止まるといった車両性能も、TNGAに基づき磨き上げ、大きく進化させました。特に走りについては、最も過酷と称されるドイツのサーキット、ニュルブルクリンクで走行テストを実施。意のままに操ることのできるハンドリング性能に加え、低速域から高速域、スムーズな路面から荒れた路面など、あらゆる状況において目線のぶれない走行安定性を実現しました。
crown

詳細はこちらへ ↓
《CROWN》

  • プライバシーポリシー
  • CSR基本方針
  • 地域貢献活動
  • お問い合わせ

このページのトップへ