ニュース&トピックス

ファジアーノ岡山プチ応援団

ファジアーノ応援団.jpgJFL後期第9節
「ファジアーノ岡山VSソニー仙台FC」
サッカー試合を観戦しました

8月の試合観戦以来
スタジアムの迫力と歓声に魅了されてしまい
「岡山トヨタプチ応援団」に入団

続きを見る

心肺蘇生講習を受講

AEDを設置する上で
AED使用方法、心肺蘇生が分らなければ
設置しても効果を発揮できない
ということから
消防署の方にご協力いただき
岡山店のスタッフを中心に
心肺蘇生講習を受講しました

心肺蘇生講習

続きを見る

「コミュニケーションマガジン」秋号

お客様のカーライフを応援する情報冊子
「コミュニケーションマガジン」秋号の制作を始めました

秋号では
■ 「ファジアーノ岡山」木村社長と当社社長梶谷の対談
~スポーツを通して地域に貢献できること~
社長対談

■ドライブ紹介 ~津山方面~
パノラマオープンドアのアイシスでデイキャンプ
奥津川ラビンの里

キャンプ場アイシスキャンプシーン

花とカフェのあるお店「ツリートランク」さんへ
ツリートランクさんやまぼうし

ヤマボウシの実を食べさせてもらいました  (ほのかにリンゴの味)

地域の新鮮野菜直売が人気の道の駅「久米の里」へ
支配人お勧めの「ジャンピー」
普通のピーマンの約3倍ほどある巨大ピーマンを使ったソフトクリーム
ほのかにピーマンの味・・・

ジャンピーアイス

など
秋のドライブ情報、カーライフに役立つ情報満載でお届けいたします
10月10日頃より
岡山トヨタのショールームで配布させていただきます

取材途中「虹」を見ることができました
虹.jpg

旬なドライブ情報「玉野市」

8月最後の日曜日
過ぎ去る夏にあせりを感じ
先週に引き続き、またまた海へ!

岡山市街から新岡山港に向けて進み
児島湾大橋を渡り
児島湾大橋(東側)児島湾大橋(西側)
児島湾大橋 (東側)      (西側)

児島湖沿いを南下
児島湖レイクサイドロード

四国フェリーの発着場前を右折
宇野港入り口

宇高国道フェリー発着場の目の前にある
「シーサイドマート 玉野魚市場」に到着

続きを見る

「自由人会社人~トップの横顔~」収録

岡山・香川の企業のトップ・代表が出演する
瀬戸内海放送さんの人気番組
「自由人会社人~トップの横顔~」
当社社長の梶谷が出演させていただくことになりました

恒例の
しゃちょーーーー!!
で緊張気味に収録スタート

トップの横顔.jpg
はにかみながら登場の社長

続きを見る

2008 サマーカーニバルinままかり

今日、明日の2日間
岡山コンベンションセンターにて
『2008サマーカーニバルinままかり』
車(RV)開催されています

屋外広場

グルメ、ショッピング、キッズコーナーなど
たくさんの出展企業と
多くの家族連れでにぎわっていました

続きを見る

笠岡湾干拓地「100万本のひまわり」

今満開を迎えている
「100万本のひまわり」を見るため
笠岡湾干拓地に行ってきました

国道2号バイパスをひたすら笠岡方面に行けば
笠岡干拓地に到着するのですが
せっかくの休日なので
ここは少し寄り道をして
ドライブを楽しんでみました

続きを見る

サッカー観戦

昨日、仕事を終えてから
桃太郎スタジアムで行われた
JFLサッカー「ファジアーノ岡山 × 佐川印刷」
の試合観戦に行きました

ファジアーノ

テレビ以外で実際の試合を見るのは今回が初めて
サポーターの熱気に包まれたスタジアム
フィールドを縦横無尽に駆け回る選手
テレビで観るのとは全く違った興奮を
あまりサッカーに詳しくない私でも
十分味わうことができました

続きを見る

クルマで行く「これからはじめる山歩き」更新しました!

梅雨の明けた7月某日
中国地方最高峰の山
「大山」登山に挑戦しました

灼熱の晴れのもと登山スタート!
ひたすら続く丸太階段を登ると
石ころだらけの登山道がアタック隊を待ち受ける
全身でバランスをとりながら進むこと約2時間
8合目(標高1500m)付近からは視界も開け
吹き抜ける冷風が「超気持イイ~!」
うっすら山頂付近が確認でき
アタック隊は安堵の表情
力を振り絞り木道を登ると
念願の大山頂上 位置情報
360℃パノラマ景色に感動
地上に比べ10℃くらい温度が低いので快適
登頂した達成感もあり
今までの苦労が一気に吹き飛びました

その模様は
クルマで行く「これからはじめる山歩き」
チェックしてくださいねっ!

というワケで、みなさまの
「お気に入りの登山コース」「紅葉のキレイな山」
「眺望の良い山」を教えてください!

みなさまのコメントもお待ちしています

空気圧チェック

暑い日が続きますが
皆様いかがお過ごしでしょうか?

お盆休みも終わり
昨日から仕事って方も
多いのではないでしょうか?

思い起こせば
3年前のお盆明けから
環境問題への取り組みとして
自転車通勤を始めました

続きを見る

  • プライバシーポリシー
  • CSR基本方針
  • お問い合わせ

このページのトップへ